マイホームは何歳で購入する人が多いのでしょうか?

マイホームは何歳で購入する人が多いのか気になったので調べてみました。

 

ちなみにうちの場合は転勤族だったので結構遅めでした。

 

個人的にはもう少し早めにマイホーム購入を決めておけばよかったかなぁと思います。

 

 

 

 

マイホームを買うのは何歳からが多いのでしょうか?
日本では、一般的に30代後半から40代前半が家を買う年齢だと言われています。

実際ネットで見てみても30代が多いですね。
とはいっても
近年は晩婚化が進んでいるので、結婚前に家を購入する人も多いようです。

また、一生独身を貫くために一人暮らし用の家を購入する人も増えてきました。

しかし、多くの場合、結婚して将来の計画を立ててから家を購入する人が多いようです。

結婚して子供が生まれたタイミングや、子供が小学校に入学したタイミングで家を買おうと思うケースも少なくありません。

つまり、20代よりも30代、40代で家を買う人が多いのは当然のことなのです。

住宅ローンを利用するためには、勤続年数が長いほうがよいです。

 

 

またある程度、収入が安定していないと住宅ローンを組むことは考えないほうがよいでしょう。

昨今の経済状況から将来の不安を考えても、あまり若いうちに家を買うのはリスクが高いかもしれません。

しかし、逆に40代後半を過ぎると、今度は返済期間の関係で住宅ローンの審査に通らなくなることもあります。

定年までに住宅ローンの返済が終わらないという将来を考えると不安になってきます。

住宅購入のタイミングは非常に難しいものです。

家賃を払い続けても何も残らないから家を買うという人もいます。

そのような場合は、できるだけ早く購入すれば、支払う家賃が安くなります。

しかし、一概に家を買った方がお得とは言えません。

買ってからもお金がかかりますからね。

 

 

トップへ戻る