住宅ローン控除って何?

新しい家を買うのはとても嬉しいですね。

ワクワクしますよね。

 

 

でも一方で、住宅ローンで高額なお金を借りなければならないというプレッシャーを感じている人も多いのではないでしょうか。

 

 

実際、私もそれを感じました。

 

 

 

ここでは、住宅ローンの支払いの負担を軽くするための住宅ローン控除についてまとめてみました。

 

 

新築・中古を問わず、自分が住むための住宅を購入したり、増改築工事を行うために住宅ローンを組んだ場合、住宅ローン控除を受けることができます。

住宅ローン控除とは、住宅の購入を促進し、経済効果を発揮するために設けられた減税制度です。

条件を満たしていれば、利用しない手はありません。

住宅ローン控除を利用するための条件は、住宅を取得してから6ヶ月以内に住み始め、適用年度の12月31日まで住み続けること。

該当年の総所得金額が3,000万円以下であること。

登記簿上の床面積が50平方メートル以上であること。

また、住宅ローンの返済期間が10年以上であること。

特に注意しなければならないのは、住宅ローンの返済期間が10年以上という条件です。

繰り上げ返済や住宅ローンの借り換えを予定している方は、住宅ローン控除の条件を満たしているかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

返済額軽減型であれば問題はありませんが、期間短縮型の繰り上げ返済をする場合は慎重に検討する必要があります。

借り換えの場合でも、住宅ローンの返済期間が変わると、住宅ローン控除の条件を満たせなくなることがあります。

住宅ローン控除が使えなくなったとしても、借り換えや繰り上げ返済をした方がお得な場合もあります。

ただし、安易に借り換えや繰り上げ返済をして後悔することのないよう、慎重に判断する必要があります。

住宅ローン控除を利用するためには、「源泉徴収票」「ローン残高証明書」「住民票」などの書類を用意して確定申告をする必要があります。

確定申告の時期になったら、早めに準備をして、申告を忘れないようにしてください。

 

 

※2019年10月から控除を受けられる期間が10年から13年に延長されています。
消費税が10%に上がったことによる政府の取得対策です。

 

※住宅ローン控除に当てはまる条件は新築、中古、リフォームなどでそれぞれ違います。
自分の購入するものに合わせて必ず確認してくださいね〜

 

トップへ戻る