マイホーム購入の自己資金ってどのくらい必要?

マイホーム購入の自己資金ってどのくらい必要なのでしょうか。

 

私が家を購入したときあまり自己資金がありませんでした。

 

購入後のことを考えると自己資金はある程度あったほうが後々楽だったなぁと思います。

 

 

住宅購入に必要な自己資金はいくらなのでしょうか?
以前は、住宅購入費の2割程度の自己資金が必要と言われていました。

これは、住宅ローンで借りられる金額の上限が、住宅購入費の8割だったからです。

近年では、住宅購入費をすべて含めて借りられる住宅ローンもあります。

ですから、きちんと返せる自信があれば、自己資金がゼロでも家を買うことができます。

あくまでも、住宅ローンの審査に通ることができればの話ですが。

 

 

 

やっぱり自己資金はあったほうがいい

 

自己資金がゼロでも家は買えますが、自己資金が多ければ多いほど、後の返済が楽になるのも事実です。

また、返済額や返済期間が短ければ短いほど、支払う金利も低くなります。

それに、住宅ローンを完済する前には何が起こるかわかりません。

家族が突然病気になって多額の治療費が必要になったり、大黒柱が失業したりするかもしれません。

不測の事態に備えるためにも、ある程度の自己資金を貯めて、将来返済に困らないような資金計画を立てた上で住宅を購入するべきだと思います。

バブル期と違って、家の価値が購入時よりも上がることはあまりありません。

家を売ったときの金額は、買ったときの金額よりも少なくなります。

さらに、家を買ったからといって、もうお金がかからないというわけではないことを覚えておいてください。

固定資産税、修繕費、火災保険料なども必要になります。

 

 

トップへ戻る