寒い地域で起こる水のトラブル「凍結」の対処法

「お湯が出ない!」トラブルが起こる原因と正しい対処法 「お湯が出ない!」トラブルが起こる原因と正しい対処法

雪国でよく起こる水のトラブル~寒波の影響で凍結する~

雪国で多い水のトラブルと言えば、冬場の寒波や気温の急激な低下による配管の凍結です。凍結すると水が出なくなることがあります。雪国に住む場合は、万が一の水トラブルに対して、どのように備えるべきなのでしょうか。

凍結するのはどこか?

地中の水道管は凍結しません(40代/女性)

雪国だからといって、家中の全ての配管が凍結するわけではありません。凍結するのは主に、屋外にあり、土の中に埋まっていないむき出しの配管や、蛇口の中に残っている水です。屋内の場合は殆ど凍りませんが、お風呂場などで換気のために窓を開けている場合などは、凍ってしまう可能性があります。家の水道の蛇口をそれぞれ開けてみて、どこが凍っているのかチェックしてみましょう。凍結すると、水もお湯も出なくなってしまいます。

凍結は簡単に修理できる

自然に溶けるのを待つ
配管の凍結が原因で水もお湯も出ないという場合には、比較的簡単な方法で解決することができます。軽い凍結であれば、お昼頃まで待てば自然に凍っている部分が溶け、水もお湯も出るようになります。時間はかかりますが、手間のかからない一番楽な方法です。
タオルを巻きつけて熱湯をかける
配管を温めて、凍結を溶かす方法もあります。いきなり熱いお湯を直接かけたり、直火であぶったりすると、配管が破裂してしまう危険があるので絶対にやめましょう。温める場合には、凍っている部分にタオルなどを巻き、その上からぬるま湯をゆっくりとかけます。凍っている状態を溶かすためには、熱湯でなくても、ぬるま湯で十分です。どうしても凍結が直らないときは、水のトラブルの専門業者に修理を依頼することをおすすめします。

雪国の方は水のトラブルに備えよう

雪国で暮らしている人で、特に冬の時期にお湯が出ないと、途端に生活に支障をきたします。万が一の水のトラブルにもすぐに対処できるように、日ごろから水のトラブルか起きたときのために、専門業者の連絡先や営業時間などを調べておくようにしましょう。

TOPボタン