混合水栓に見られる水のトラブルが起こりやすい箇所とお手入れ法

「お湯が出ない!」トラブルが起こる原因と正しい対処法 「お湯が出ない!」トラブルが起こる原因と正しい対処法

こんな水のトラブルにも注意~混合水栓でよく起こるトラブル~

水のトラブルはお湯が出ないケース以外にもさまざまなものがあります。中でも混合栓でよくあるトラブルをチェックしてみましょう。

混合水栓からの水漏れ

本体からの水漏れ
混合水栓の本体部分(蛇口が回転する部分)から水が漏れ出すことがあります。これは、主に本体の中に取り付けられているパッキンの劣化による場合が考えられます。分解して、パッキンを新しいものへ交換することで修理できます。自分で交換する場合は、パッキンの種類などを特定する必要があるので、メーカーに問い合わせてみると良いでしょう。
吐水口からの水漏れ
蛇口の先端の水が出る部分から、水がポタポタと落ちるように漏れるケースもよくあるトラブルです。レバー下の内部にあるバルブカートリッジの不具合やOリングなどのパッキンが劣化することにより起こります。そのため、自分で部品交換をする場合は、混合水栓の品番と型番をメーカーに伝えて、販売先が近くにあるか教えてもらいましょう。
レバー下からの水漏れ
水漏れ箇所がレバーやレバー下部分からの場合は、水がにじみ出るようなトラブルが起こります。レバーの接続が緩んでいたり、レバー自体の故障、バルブカートリッジの不具合や劣化をしていたりが原因になっていることが多いでしょう。まずはレバーの接続の緩みをチェックし、破損などもしている様子がなくそれでもなお漏れる場合にバルブカートリッジを交換してみましょう。

水のトラブルを防ぐお手入れ方法

水のトラブルは突然起こるものが多く、日々のメンテナンスが非常に重要になります。水は生活の質に直結するので、なるべくトラブルは避けたいところです。日々のお手入れはもちろん、水のトラブルに対応してくれる専門業者に定期点検を依頼するようにしましょう。そうすることで、万が一のときにお湯が出ない、というトラブルも防ぐことができ、快適な暮らしがキープできるでしょう。

TOPボタン